カジノとパチンコの論理学 カジノの歴史1 上流階級の社交場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カジノの歴史1 上流階級の社交場

今回からカジノの歴史について取り上げていきます。

ギャンブルは人間の本能に基づくものであり、ピラミッドの壁画など有史以来様々な場面で見ることが出来ます。
古くは神の意思を得るものとしてさいころを用いた卜占が用いられ、これはギャンブルの他、占いやマジックの起源となっています。
世界各地の文明が栄えて支配階級が興ると、饗応の際にさいころを用いた賭けが行われるようになりました。

現在カジノでの様々なゲームに用いられているトランプ(プレイング・カード)は、中国からの紙の伝来の後にその技術が娯楽の分野に利用されたものです。
トランプは当時の賭博の対象であった決闘や闘鶏などとは異なり手軽に楽しめ、また、さいころよりも複雑なゲーム展開が出来るため、賭博用具の主流として流行していきました。

カジノの語源はイタリア語の"casa"(家の意)であり、16世紀イタリアの特権階級が開いたパーティーが起源であるという説が定説になっています。
酒や料理を味わい、音楽や美術品に触れ、知人と会話やダンスを楽しむといった娯楽のうちの一つとしてトランプが使われたのです。
やがて文化の隆盛とともに広がり、ギャンブルは当時の王侯貴族の嗜みとしてベルサイユやバッキンガムなどの宮殿の中でも行われました。

カジノは賭博場ではなく、上流階級の華やかな社交場でした。
互いに顔の分かる貴族たちにとって、賭けに熱中しすぎることは無粋であり、いかさまが露見することは不名誉なことでした。
紳士的に振舞うことがルールであり、これが不正や依存症に対しての一定の抑止力となったのです。

時代が下って18世紀になると、鉄道が開通して交通機関が発達し、風光明媚なリゾート地に富裕層がこぞってバカンスで訪れるようになりました。
リゾートの一部には豪華絢爛なカジノが建設され、そこは近隣の国々から来た旅行者の夜の社交場でした。
遠方からの旅行者を集めるためにカジノは従業員を訓練して不正を排除し、信用を得たことでそれが顧客の増加につながりました。
コートダジュールのマリンリゾートであるモナコや、ドイツの温泉保養地のバーデンバーデンの伝統的なカジノは当時の面影を現在に伝えています。

以上のように、上流階級の参加したカジノでは客が比較的裕福であったため、社会問題は深刻にはなりませんでした。
その一方で、同時期に庶民が参加した賭博場は鉄火場の様相を呈していました。

次回は、庶民の賭博場について取り上げます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : カジノとパチンコ
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

場口 重

Author:場口 重

新着記事
目次
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSフィード
目次
ホームへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。