カジノとパチンコの論理学 民主党のパチンコ換金合法化1 民主党娯楽産業健全育成研究会のメンバーと目的

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党のパチンコ換金合法化1 民主党娯楽産業健全育成研究会のメンバーと目的

昨日の記事でお伝えしたとおり、パチンコの換金合法化等規制緩和を目指す民主党「娯楽産業健全育成研究会」(娯楽研)について、昨年の衆議院総選挙の前に当ブログで掲載し現在まで非公開にしていた記事を公開します。

1999年、石井一民主党筆頭副代表(当時)が設立した娯楽研は娯楽産業全般を対象として設立されましたが、当初からパチンコ業界の規制緩和に限った活動を展開してきました。
08年には有志の議員連盟であった娯楽研を母体に民主党政務調査会傘下の正式機関として「新時代娯楽産業健全育成プロジェクトチーム」(娯楽PT)が設立されました。
現在これらの機関は自民党が推進しているカジノの合法化に伴いパチンコ業界の抱える各種の社会問題への非難が集まることを警戒して、カジノの解禁と同時に「遊技場営業の規制及び業務の適正化等に関する法律案」(パチンコ業法)を制定して換金を法律で合法化することを目指しています。

娯楽研と娯楽PTのメンバーには、総選挙後の民主党政権内で政府や与党内の重要なポストに就いている議員も多く見られます。
発足時の会長で現在も娯楽研に強い影響力を持っていると思われる石井一参議院議員は小沢幹事長の側近の長老として党の選挙対策委員長を務めており、鳩山首相も民主党代表であった娯楽研の発足時からの会員であり娯楽PTの顧問にも名を連ねています。

娯楽研のメンバーには衆院選を機に引退した議員もいますが、過去のメンバーで郵政選挙で落選し再起を図った方はほとんどが返り咲いており、新人議員も加入すると仮定すると勢力は大幅に拡大していると見るべきでしょう。
石井選対委員長の元で参議院選でも勝利すると、さらに勢いがつくことが予想されます。


「娯楽産業健全育成研究会」及び「新時代娯楽産業健全育成プロジェクトチーム」の主な目的

・パチンコ店内での換金を認めることを法律上に明記する。
・パチンコホールを経営する企業の株式上場を実現させる。
・遊技機の賭博性に関する法律上の規制を緩和し細目を撤廃する。
・パチンコの釘調整はパチンコ店の自由裁量として、警察の指導対象から除外する。
・所管を警察庁から経済産業省に移し、規制中心の政府方針から産業育成に転換させる。
・パチンコ業法を制定し風営法から抜き出すことで、業界のイメージを向上させる。
・ギャンブルではなく遊技であると明確に位置付け、依存症対策等の社会的責任を免除する。
・警察による調査と、パチンコ業者の営業上必要な各種行政手続を共に簡略化する。
・全国展開の障害となる県警間の規制の差異を撤廃し、警察の裁量権を制限する。
・照度規制、騒音規制、広告規制等は緩和または撤廃し、内容を明確にして警察の裁量を排除する。
・一部店舗の営業許可取消の罰則が、その法人全ての店舗に波及する規定を削除する。
・遊技機の検査機関から警察庁の影響力を排除し、賭博性の高い機種の検定通過を容易にする。
・遊技機の検査機関を複数認め競合させ、検査料金の低価格化と情報公開へ誘導する。
・パチンコ店新規出店の障害になっている保護対象施設の対象を絞り、出店可能地域を広げる。
・中小企業庁の通達を撤回させ、政府によるパチンコ店への信用保証を解禁する。

(娯楽研と娯楽PTの提言書・国会質疑・パチンコ業法案・主要幹部の発言等を元に筆者まとめ)


「娯楽産業健全育成研究会」参加国会議員(08年2月現在、敬称略)

名誉会長   石井一(参)
会長       古賀一成
副会長     岩國哲人 前田武志(参) 山田正彦
幹事長     金田誠一
幹事長代理  小沢鋭仁
常任幹事    岩本司(参) 小川勝也(参) 鈴木克昌 平岡秀夫 古川元久
          増子輝彦(参)
事務局長    牧義夫
事務局次長  前田雄吉
会員(衆院)  石関貴史 市村浩一郎 枝野幸男 岡本充功 奥村展三 川内博史
         川端達夫 近藤昭一 近藤洋介 神風英男 武正公一 筒井信隆 中川正春
         仲野博子 鳩山由紀夫 伴野豊 細川律夫 三井辨雄 横光克彦 笠浩史
         渡辺周 鷲尾英一郎
会員(参院)  大島九州男 川合孝典 櫻井充 武内則男 徳永久志 轟利治 平田健二
         福山哲郎 松野信夫 水戸将史 峰崎直樹 室井邦彦 柳澤光美 
         山下八洲夫 米長晴信

09年の選挙で当選した元メンバー(役職は最終のもの)
顧問    海江田万里 生方幸夫 松崎公昭
副会長  田中慶秋
幹事    中根康浩 吉田治
世話人  吉田公一
会員    荒井聡 稲見哲男 大谷信盛 奥田建 小泉俊明 斎藤勁 城島正光
       樽床伸二 辻恵 中津川博郷

過去にメンバーであった民主党国会議員
池田元久(常任幹事)、安住淳(世話人)、家西悟、泉健太、小川敏夫、木俣佳丈、
玄葉光一郎、下条みつ、仙谷由人、高橋千秋、辻泰弘、寺田学、土肥隆一、内藤正光、
細野豪志、山根隆治(以上、会員)

(梅沢忠雄、美原融、宮田修編著『ニッポンカジノ&メガリゾート革命 国際観光立国宣言』扶桑社などを元に筆者まとめ)


さらに詳しい記事は 娯楽研、娯楽PTのメンバーと目的(詳細)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : カジノとパチンコ
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

場口 重

Author:場口 重

新着記事
目次
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSフィード
目次
ホームへ戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。